自殺危機初期介入スキル研究会。自殺予防のゲートキーパー養成、自殺対策研修の講師派遣、ワークショップ講師養成等。地方自治体からの研修受託も可。     講義形式ではない、演習形式で具体的取り組みが学べる自殺対策研修。自治体の自殺対策計画の一部にもなり得る内容。実践的な自殺総合対策人材養成。小中高教員向けの一日研修も実績あり

<住所> 〒181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-20 ルーテル学院大学 コミュニティ人材養成センター 
<お問合せはこちら> jisatsu0000kikikainyu(アットマーク)ybb.ne.jp

自殺の危機にある人と接したとき、初期介入としてどのようなことをすれば良いかご存じですか?傾聴だけでは残念ながら自殺は予防できないとされています・・・みんなが「他人へつなげよう」と考えて、動くだけでも、自殺は予防できません。では、どうすればいいか・・・実践的に学ぶ必要があるとされています。知りたくありませんか?

 本研究会の提供するワークショップは、自殺危機にある人への初期介入スキルを身につけることができる内容となっています。まずは、ワークショップに参加して、スキルを身につけ、地域の門番(ゲートキーパー)としての機能を果たしませんか?

 定員20名のワークショップですが、全国ですでに、1万1千人以上が参加しました。

 保健師、精神保健福祉士、社会福祉士、臨床心理士、医師、産業カウンセラーなどの第一線の専門家から、薬剤師、中学校教員、小学校教員、高校教員、大学教員、スクールカウンセラー、ケアマネージャー、障害者相談支援専門員、司法書士、男女共同参画センター相談員、母子相談員(婦人相談員)、警察官、消防署員、救急救命士、消費生活センター相談員、生活保護ケースワーカー、地方自治体職員(行政職等)、弁護士、法テラス職員、宗教家(僧侶、牧師ほか)、電話相談員、精神保健ボランティア、ピアカウンセラーなど幅広くご参加いただいています。

数多くの地方自治体で、複数年度、複数回、本会の自殺予防研修(ワークショップ)が開催されています一番小さい単位では、人口9千人の地方自治体ですでに5回開催しています。人口4万人の保健所管内で約20回開催された地域もあります。人口50万人程度の中核市で20回以上開催された地域もあります。あるいは、地域の専門職団体主催で複数回開催されたところもあります。地域の自殺予防対策、自殺総合対策として、最も意義(効力)のある方法の一つとして、ゲートキーパー研修を実施しませんか?さらに、本会のワークショップ、リーダー養成研修を受講後、地域で、同様のワークショップを提供する仲間になりませんか?日本中に、自殺危機の初期介入スキルを持っている仲間を増やしませんか。

自殺危機初期介入スキルについてはこちらをクリック

活動のご案内

ワークショップ

自殺危機初期介入スキルを身につけるためのワークショップ

リーダー養成研修

自殺危機初期介入スキルワークショップのリーダーを養成

講師派遣

本研究会のワークショップ開催の要請にお応えします

学会発表等

本研究会に関連する著書、論文、学会発表の紹介

ワークショップ・研修開催情報

自殺危機初期介入スキル研究会が開催するワークショップ、ワークショップのリーダー養成研修の開催情報をご案内します。

ワークショップ等の開催実績はこちらをクリック

自殺危機初期介入スキルワークショップ開催情報

本ワークショップは、全国ですでに580回開催され、参加者は累計11,600を突破しました!(2015年10月末時点)

全国の自殺危機にある人のゲートキーパーを担う仲間が増えてうれしいです!

2016年度の日程

第1回 2016年9月5日(月)午前9時30分-午後5時00分

(2016年9月1日午後3時、定員いっぱいとなりましたので締切ました)。

講師
  • ルーテル学院大学総合人間学部 教授 福島喜代子
  • 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所​   研究員 小高真美
  • フリー ソーシャルワーカー 岡田澄恵
場所

ルーテル学院大学トリニティホール1階161

・お申し込みは、下記のリンクから専用フォーマットで
・開始から終了まで参加が必要です。
・1回定員20名(最大24名)
・参加費:12,000円(カラー版保存用 テキスト代金込み)

ワークショップの概要と申込はこちらをクリック

リーダー養成研修開催情報

自殺危機初期介入スキルワークショップのリーダー養成:本ワークショップの講師をする予定の方のための研修です。一般的な知識提供のための研修ではありません。

2016年度の日程

第1回 

2016年9月6日(火)午前9時30分から午後6時30分

(2016年9月1日午後3時、申込受付を締切ました)。

 第2回 

2017年2月20日(月) 午前9時30分から午後6時30分

*いずれも時間延長することがあります。最後までご参加いただく必要があります。

講師
  • ルーテル学院大学総合人間学部 教授 福島喜代子
  • 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所   研究員 小高真美
  • フリー ソーシャルワーカー 岡田澄恵
場所

ルーテル学院大学トリニティホール1階161

・両日とも同じ内容です。いずれかの日程にお申し込みください。
・開始から終了時間まで全ての参加が求められます。
・1回定員16名
参加費:17,000円(講師専用テキスト代金込み)

リーダー養成研修概要と申込はこちらをクリック

講師派遣の相談フォーム

「開催の手引き」を取り寄せてご検討いただいた後、講師派遣依頼等が具体的になりましたら、こちらのフォームをご記入の上、送信してください。順次お返事します。月曜、木曜の希望日を備考欄に記入いただくと、決定がはやいです。土曜日の講師派遣依頼に応じることはとても困難となっています。

(返信までには2週間程度かかります。もしそれ以上たっても返信がない場合、お手数ですが、再度入力送信するか、お問合せください。)

テキスト・DVDの依頼フォーム

  • 講師派遣方式
  • 講師1名派遣と地元の講師1名以上の組み合わせでの開催方式
  • 地元での認定講師2名による開催方式

上記いずれでも、こちらのフォームから取り寄せ依頼(注文)をしてください。

自殺危機初期介入スキル研究会とは

自殺危機初期介入スキル研究会は、日本で自殺者ができるだけ少なくなることを目標に、2007(平成19)年4月に創設されました。

自殺は、さまざまな要因がからんで発生してしまうため、自殺者の数を減らすことは必ずしも容易なことではありません。

自殺を減らすためには、

  • 社会全体やマスコミに対する働きかけ
  • 地域社会、コミュニティへの働きかけ
  • 自殺の危機にある人を取り巻く個々の環境への働きかけ
  • 自殺の危機にある人々と直接接する機会のある人々への働きかけ
  • 自殺の危機にある人への専門家による直接の支援や治療

などが必要です。

この研究会は、上記のさまざまな働きかけの中でも、焦点をしぼって、自殺予防のゲートキーパーの養成、つまり、「自殺の危機にある人々と直接接する機会のある地域の関係者の人々に、適切な初期介入スキルを身につけてもらうこと」を目的としています。自殺予防の具体的・実践的な研修の提供、講師派遣、講師養成などを行っています。

テキストの版について

※ワークショップに参加する場合は、テキストの購入が必要です!

参加者用テキストは第9版が最新(2014年6月より使用)、講師用テキストは第14-1版が最新(2016年2月より使用)(参加者用テキストは改訂予定は未定)となりました。教育機関用第14-2版は2016年6月に発行予定です。

なお、消費税率が変更しても、代金は据え置きです。(2016年4月1日現在。)
認定講師の方は、ワークショップ開催予定のある場合、最新版の講師用テキスト(代金:税込、送料込3,000円)、あるいは参加者用テキスト(代金:税込、送料込1,200円)の最新版の入手が可能です。申込みフォームからお申込みください。講師用テキストの場合は、自由記入欄にご記入ください。

開催の手引き(2016年度版)を送信します

jisatsu0000kikikainyu(アットマーク)ybb.ne.jp に取り寄せ依頼をいただければ、メール添付で送信いたします。

ワークショップ開催を検討される方は、お取り寄せ依頼をください。2015年度と比較して(旅費のうち、飛行機代金の領収書等の取り扱い以外)変更はありません。開催の手引きは無料でメール添付してお送りできる文書です。

お問合せはこちら

ご連絡、お問合せ等は原則として電子メールまたはFAXにてお願いいたします。
(責任者が、電話ではほとんどつかまらないことが理由です。)

お気軽にお問合せください

<メールアドレス>
jisatsu0000kikikainyu(アットマーク)ybb.ne.jp

<FAX>
0422-34-4481

責任者:福島喜代子
(ルーテル学院大学 総合人間学部 教授)

お問合せの際は、ご氏名、ご所属、連絡先電話番号を明記してくださいますようお願いいたします。折り返しご連絡いたします。

講師派遣相談
ワークショップ参加申込

自殺の危機にある人々と接したときの初期介入方法が学べるワークショップ(毎年度GW明けから申込み受けつけ開始します。通常、9月に実施します。

最新ニュース

書籍を出版しました

『自殺危機にある人への初期介入の実際―自殺予防の「ゲートキーパー」のスキルと養成』を明石書店より出版しました!(2013年6月)増刷されました(2015年1月)

ご購入はこちら
(外部サイトです)

「平成21年度自殺対策白書」
(2009年12月28日発刊)
に事例として掲載されました

第3章第3節「早期対応の中心的役割を果たす人材を養成する取組」事例紹介5、123-124頁です。

自殺対策白書はこちら
(外部サイトです)

国際自殺予防学会アジア・太平洋地域大会(第7回)のご案内

2016年5月18日-21日
於:東京コンベンションホール 最寄り駅:東京駅、銀座一丁目駅、京橋駅等

本研究会責任者も国際プログラム委員を務めさせていただいています。
 

専用サイト
:http://www2.c-linkage.co.jp/iasptokyo2016/
(別サイトへ飛びます)

ご連絡先はこちら

自殺危機
初期介入スキル研究会

〒181-0015
東京都三鷹市大沢3-10-20
ルーテル学院大学 コミュニティ人材養成センター 気付

連絡はメールが確実です。

研究会パンフレット

自殺危機初期介入スキル研究会のパンフレット(PDFファイル)をダウンロードしていただけます。

講師派遣のご検討や、本研究会のご紹介などにお使いください。

パンフレット第1面
(PDFで開きます)

パンフレット第2面
(PDFで開きます)

ご注意

当ホームページは、自殺の危機にある人へ直接支援をすることを目的としたものではありません。

自殺を考えている方、自殺の危機にある方は、本ページのリンク等を参考にして、直接支援を求めてください。お願いいたします。